2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
七大栄養素と健康

健康を維持するために、食事の栄養素を考えることは大切です。これまでは「三大栄養素」や「五大栄養素」が、生きていく上で必要な栄養素であると考えられていました。しかし食生活の欧米化で、高カロリー・低栄養の食事による健康への影響が懸念されています。健康を維持するための食事という視点から、現在では「七大栄養素」の考え方が浸透してきています。


 

三大栄養素

三大栄養素は、人間が活動するためのエネルギーとなり、体を構成する原料にもなります。

タンパク質

筋肉や骨、皮膚などを作る原料となります。肉類、魚類、卵、豆腐などに多く含まれています。

脂質

エネルギー源となり、細胞膜の生成や必須脂肪酸の供給などの働きをします。バター、植物油、肉の脂などに含まれています。

糖質
脳や筋肉が働くためのエネルギー源となります。パン、ご飯、めん類などに多く含まれています。

五大栄養素

三大栄養素に、体内で色々な働きをする「ビタミン」と「ミネラル」を加えたものが、五大栄養素となります。体内では作ることができないため、食事から補う必要があります。

ビタミン
ビタミンA、β(ベータ)カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンDなどの成分で体の調子を整えてくれる 働きをします。緑黄色野菜、果物、レバーなどに含まれています。
普通体内で生合成されないので食物から摂取しなければなりません。
ミネラル
亜鉛、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分、ヨウ素などの健康維持に欠かせない栄養素で、体の調子を整え、骨や歯などを作ります。海藻、乳製品、小魚などに多く含まれます。

六代栄養素 七大栄養素

あまり必要ではないと考えられていた「食物繊維」も、体内での重要な働きがあることが分かり、六番目の栄養素として加わりました。また"体がサビる"原因とされる活性酸素が問題となり、抗酸化作用を持つ「抗酸化物質」が、七番目の栄養素として加わっています。

食物繊維
病気の予防をはじめ、多くの健康効果があります。野菜や果物、菊芋(きくいも)、ヤーコン、海藻、キノコ、豆類などの植物性食品に多く含まれています。体をきれいにすること、それは腸をきれいにすることです。腸をきれいには食物繊維を多く摂ることが大切です。
抗酸化物質
病気や老化の原因となる活性酸素から体を守る働きをします。フィトケミカルやカロテノイド、ポリフェノールなどがあります。乳酸菌(腸まで届く)も免疫力を助ける抗酸化作用を助ける食品です。

健康を維持するためにも、この七大栄養素をバランスよく摂取することが大切です。自然食品や飲料を利用して、必要な栄養素を手軽に補給しましょう。当ショップでは、七大栄養素を配合し、抗酸化指標の高いナノ型乳酸菌をたっぷり含んだ「不老仙」を、通販にてお取り寄せすることができます。ギフトにもおすすめです。また、千葉県産の落花生や海苔、日本茶などの栄養価の高い食品を取り揃えております。ぜひ健康維持にお役立てください。